保護者選任に関する審判

 

 

各種障害者で後見人・保佐人・配偶者・親権者のいずれもが存在していない場合には、家庭裁判所の協議による申立てで手続きを開始することにより、対象者についての扶養義務対象者の中から保護者を選任することになり、その対象者としては対象者の親子を始めとした直系血族及び兄弟姉妹が該当します。
上記に記述している保護者の定義としては、各種障碍者に治療を受けさせる義務や財産上における利益の保護を最優先とした該当者のことを指して、扶養義務の設定として対応することになります。

 
上記対象者の扶養義務者が存在していない、もしくは扶養義務者が保護者になることができないケースにおいては、家庭裁判所で申立てを行なうことによって、上記で記述した直系血族・兄弟姉妹以外の選択肢として、対象者の叔父や叔母、甥や姪などの三親等内の親族について扶養義務者と指定することにより、この該当者を保護者に選任することができることになります。
前述している対象者の直系血族及び兄弟姉妹をも存在しない場合には、審判として指定されている扶養義務者は自動的に保護者として展開するので、上記で申し上げている保護者を選任する申立てを手続きする必要がなくなります。”