戸籍上の氏名や性別の変更などの関する審判

 

 

人は生まれたときに家族から名前を付けてもらいます。結婚をして苗字が変わることはありますが、それ以外では通常、名前を変えることはありません。しかし、人それぞれ抱える事情は様々で、そのために名前を変えなければならないことがあります。その際、裁判所から許可を得る必要があります。
たとえば、氏の変更をしないと社会生活において著しい支障をきたすことになってしまう場合、氏を変更する必要があり、氏の変更許可を受ける必要があります。なお、両親のどちらかが外国人で、その外国人の親の氏を名乗る際も許可が必要となります。具体的には、申立人の住所所在地の家庭裁判所に戸籍の筆頭主またはその配偶者、両親がどちらかが外国人の者などが申し立てます。

 

 

その際、申立書や申立人の戸籍謄本、氏の変更の理由を証明する資料などを合わせて提出します。その後、許可が出たら市区町村役場に届け出をして、氏の変更は完了となります。戸籍訂正許可は、戸籍の記載が法律上許されない場合や、錯誤や遺漏がある場合などに行われます。訂正すべき戸籍のある地の家庭裁判所に、戸籍の記載につき身分上、財産上の利害関係を持つ者や戸籍の届出人、戸籍に記載された本人などにより申し立てがなされます。その際、申立書、訂正すべき戸籍謄本すべてや申立人が訂正すべき戸籍に記載されていない場合、申立人の利害関係を証明する資料が必要となります。そして審判を経て、戸籍訂正許可を得ることができます。
このようにして許可を得てから名前を変えることとなります。”