相続に関する審判

 

 

相続に関する審判にはいろいろな手続きがありますが、相続事象開始となった場合に相続放棄を選択する定義としては相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないということになります。
なお、相続人が相続自体を放棄することを選択した場合は、被相続人の最後の住所となる地域の家庭裁判所に、その旨を伝えた上で必要な手続きをしなければならず、上記申請は民法に定めてある相続開始アナウンスより3ヶ月以内に行わなければなりません。
相続人の所在が不明でない場合は家庭裁判所が申立てによって相続財産の管理人を選任することになり、この選任については相続人全員が権利放棄をしていて誰も相続を行なう方がいなくなってしまった場合も、この選任に該当することになります。

 

 
相続財産管理人は被相続人の債権者等に対して、債務支払いのマネジメントにより清算を実施することになり、残存している財産が存在する場合には、国庫への帰属という形で処理を完了することになります。
ちなみに被相続人と特別の縁故のあった者のことを特別縁故者と呼び、相続財産分与の恩恵に預かる状態となるケースもあります。
ところで財産管理人に選任されることに特に必要・必須な資格というものは存在しておりませんが、被相続人との関係や利害関係が皆無である第三者の要件を考慮した上で、相続財産を管理するのに最も適任だとされる人が選任される傾向にあるようです。”