行方不明者に関する審判

 

 

不在者管理人の選任とは本来居住している住所もしくは居所に存在しておらず、帰宅見込み状態が改善しないと思われる場合に不在者定義として成立させることになり、財産管理人がいない場合に関しては家庭裁判所の申立て処理対応において不在者自身や不在者の財産を対象とした利害関係を有する第三者の利益保護を目的とした内容で、財産管理人選任とそれにまつわる処理展開を行うことができるようになります。
上記事象による課題解決を行なうために選任された不在者財産管理人は、不在者財産の管理や保管の権利を有することになり、それとは別に家庭裁判所の権限外行為の許可を取得すると、不在者の代理として遺産の分割であったり、不動産の売却等を行うことができるようになります。
なお上記においては不在者における従来の居住していた住所地、および居所地の管財している家庭裁判所へ申立てることにより裁判手続を利用することができるようになります。

 

 
ちなみに家庭裁判所では申立書の記載内容を確認した上で、所在不明となった事実に対して裏付け資料の調査とは別に申立人からの事情聴取を行なったり、不在者の親族に所在状況その他を照会することによって【不在】に対する審査を行うことになります。